梱包方法の注意点〜その1〜

梱包方法の注意点〜その1〜

引越しが決まったら、運び出す荷物を梱包しなければなりません。「おまかせパック」のような引越し屋さんが全部梱包してくれるようなプランならば、そのような必要はありませんが、ほとんどの人は自分で梱包することでしょう。この梱包がしっかりと出来ているかいないかで、引越し屋さんの当日の作業が大きく変わります。自分で荷物を梱包する際に気を付けるべきことを知っておきましょう。

 

☆「重いものは小さい段ボールに」
引越し業者さんが段ボールを用意してくれることもありますが、自分で段ボールを調達することもあると思います。そういった場合には用意した段ボールの大きさが一定ではなくなりますよね。たしかに大きい段ボールに荷物を詰めれば、運ぶ回数も少なく済み、引越し屋さんも助かりそうな気もしますが、重いものを大きな段ボールに詰めてしまうとかなりの重さになってしまいます。そうなると運ぶ側としてはかなりの負担となってしまいます。さらに重さによって段ボールの底が抜けてしまうことにもなりかねません。重いものは小さい段ボールに詰めるのが梱包の基本です。

 

☆「冷蔵庫・洗濯機の水抜き」
引越しの経験のない人が初めて引越しをする際によくあることなのですが、冷蔵庫や洗濯機の水抜きをしてないといったケースがあります。水抜きをしておかないと、運搬中に水が漏れだしてしまい他の荷物やトラックの荷台がびしょびしょになってしまいます。冷蔵庫や洗濯機の水抜きは、引越しの前日までに済ましておきましょう。