チップは渡す?

チップは渡す?

海外ではホテルやレストランでチップを渡すことは常識のようなものになっていますが。しかし日本ではまだまだ浸透していない文化なのが「チップ」ですね。それでも旅館などで仲居さんにチップを渡したことのある人もいるかと思います。

 

引越し屋さんの作業に対しては、すでに業者さんに支払う代金の中にその分が含まれているので、絶対にチップを払わなくてはいけないということはありません。チップはあくまでも気持ちですからね。

 

しかし炎天下の中、汗水流して一生懸命働いている引越し屋さんのスタッフを見ると、ありがとうという感謝の気持ちが自然に湧いてくるものです。その感謝の気持ちを伝えたいのであれば、是非チップを渡しましょう。

 

チップを渡す際に大切なのがタイミングです。全ての作業が終わってから渡しても、何の意味もありません。チップは引越し屋さんが到着したら作業を始める前に渡しましょう。リーダーにまとめて渡し、あとで分配するという形もありますが、スタッフの中にはチップを貰ったことを知らないで作業を始めてしまうこともあるので、できれば一人一人に手渡しすると良いですね。

 

引越し屋さんのスタッフも人ですから、チップを貰えば「良い人だな」と好印象を持ってくれます。作業中の細かい指示も、チップを貰っていなければうっとうしいと思われますが、チップを貰っているだけで快く指示を受けてくれることになります。
チップの相場はだいたい1000円くらいで大丈夫です。多少の出費にはなりますが、気持ちよく引越しするための必要経費だと思いましょう。